代表挨拶

「いい仕事をする」を大事に日々邁進しております。

当社は、創立時よりCAD System、認識System、Internet、人工知能(Expert System)、医療(DICOM、MGDicomView)等々の魁的なSoftware Themaに挑戦しながら、以来30余年に渡ってシステム開発に取り組んできました。。
当社は、独自のKnow-Howを活かした受託・請負・共同型System開発サービスを中核にしながら、開発支援サービス事業を展開しています。
今期(令和元年)からは、新たに人と企業を結ぶ人材採用支援サービスを開始することで、「システム」と「人材」をテーマに皆様のお役に立てるよう事業を推進して参ります。
具体的には4つの事業、すなわち、IT開発事業(社内Know-Howによる受託、共同System開発等)、IT開発支援事業(お客様の現場での請負型System開発)、運用・保守事業(お客様のSystemの保守・運用を行う)、人材サービス事業(人材紹介、人材派遣等)を展開します。
これからの事業運営においては、企業・機関・求人者・求職者のニーズに迅速に対応できることが求められており、各事業において、ビジネスモデルの再構築や新商品・サービスの開発・提供、成長分野への進出等の舵取りに加え、事業間のシナジー効果を高め、見極めながら、統合型情報・人材サービス企業としての展伸を計ってまいります。

海外への一歩
人は力、財産なり。
国内の人口減少に伴い、優秀な人材がなかなか得られない状況になってきました。昨今の人材サービス事業者の増大で、その傾向はますます甚だしくなっています。
昨今流行りのヴェトナム詣でも計画しておりますが、まずはお隣の韓国に人材を求めることにします。ヴェトナムについては、在日越系の企業との提携することで人材の確保を計りながら、着実に海外連携を取っていきます。

社風・職場造り
近頃は、大人しくてお利口な社員が増えたと思います。昔々は、業務後に持ち込んだ酒を飲んだり、煙草を吸いながら仕事をしたり、徹夜で仕事をしたりしたものですが、仕事自体はお客様には満足してもらっていたと思います。
今の人は仕事の規模が大きくなって、覚えなければならないことが多くて大変だと思います。近くに、優秀な人がいてすぐ聞ければいいのですが、訳も理解せずに仕事をしている人もいるみたいで…。
若手社員には、何がわからないのかを言えるように、又形から入りながらも、その意図・心を理解することで、自分に自信を持つことから始めてもらっています。
職場での社員の疑問や問題に速やかに対応して、社員の安寧に努め、酒は飲めなくても「唄って、踊れるエンジニア」や趣味のあるエンジニアとして活躍してくれることを願っています。

代表取締役 鄭 榮智
 CEO - TEI EIJI